ボート免許(小型船舶操縦士)の概要

総トン数20トン未満の船舶を「小型船舶」といい、これらを操縦するために必要な免許を「操縦免許」といいます。 操縦免許には「1級」、「2級」、「特殊」の3区分があ り、エンジンを装備している船(モーターボート等)を操縦するには「1級小型船舶操縦免許」または「2級小型船舶操縦免許」を、水上バイク(ジェット)操縦するには「特 殊小型船舶操縦免許」を持つことが義務づけられています。
また、2級には「湖川小出力限定」の区分があり、エンジン出力は15キロワット未満(約20馬力)とされています。 

免許の違いでどんな船に乗れる?

1級小型船舶操縦士は全ての海域で航行できますが、2級小型船舶操縦士は海岸から5海里(約9km)、特殊小型船舶操縦士(水上バイク・ジェットスキー)は船舶検査済証(車でいう車検証)に記載されいている範囲内といった制限があります。よくある質問で1級船舶免許と2級船舶免許で乗船可能な船の大きさが異なるというイメージを持たれる方が多くいらっしゃいます、船の大きさの制限はなんと「1級船舶免許」も「2級船舶免許」も同じ大きさ(総トン数20トン未満で水上バイクを除く重量)なのです。船舶免許の種類で異なるのは「操縦できる船の大きさではなく、岸からの距離なのです。

また総トン数20トン未満の船舶である事が基本なのですが例外もあり、総トン数20トン以上のプレジャーボートで、次の要件の全てを満たしている場合には、小型船舶に含まれます。
1,一人で操縦を行う構造であるもの
2,長さが24メートル未満であるもの
3,スポーツ又はレクリエーションのみに用いられるもの(漁船や旅客船等の業務で使用される船舶ではないもの)

※航行区域の1海里は、1,852m、2海里=約3.7Km ・ 5海里=約9Km・100海里=約180Km1級免許で、海岸から100海里を操縦できるので日本全国航行ができます。ただし100海里以遠を航行する場合は、6級海技士(機関)以上の乗船が必要です。

※2級免許は18歳になるまでの期間、船舶の大きさが5トン未満のものに限定されます。また、2級免許には、湖川のみで操縦を限定する「湖川小出力限定」免許の制度もあります。

免許の種類

操縦できる船の種類・大きさ 航行区域 免許取得年齢

特殊

ジェットスキー専用

2海里以内

16歳以上

2級

総トン数20トン未満または24m未満 

5海里以内

16歳以上

1級

100海里 18歳以上

 

免許取得の流れ

ヤマハ藤田ボート免許教室では、2つの方法でボート免許の取得できます!!
当ボート免許スクールではお客様のニーズに合わせて、どちらでも選択できるコースをご用意しております。

【一日取得コースとは】

独自のカリキュラムにより最短1日で取得する国家試験受験方式
小型船舶操縦士国家試験を受験するコースです。
試験は、身体検査、学科試験、実技試験です。講習は当社が実施し、試験は一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会が実施します。
十分に高い確率で合格し、早く・安く取得できるので、多くの受講生の方々が1日でボート免許取得しています。

特殊(ジェット)1日取得コースへ        2級1日取得コースへ

【国家試験免除コースとは】

国家試験「学科試験と実技試験」免除で免許が交付される国家試験免除方式
登録小型船舶教習所において、法律で規定の講習を受講した後、修了審査(国家試験と同等の内容)を受験するコースです。
国家試験を受験する必要はありませんが、同等の内容の修了審査(学科・実技)で合格しなければなりません。
万一審査に不合格になっても、補習と再審査があるので、時間と費用がかかってもボート免許は取得できます。
※登録小型船舶教習実施機関:東京ベイボートアカデミー㈱

特殊(ジェット)国家試験免除コースへ   2級国家試験免除コースへ    1級国家試験免除コースへ

各免許の航行区域MAP

特殊小型船舶免許

特殊小型船舶操縦士免許は、もっとも人気のあるジェットスキー専用の免です。
航行区域として湖・川および海岸より2海里(約3.7Km)以内までの水上バイク(ジェット)専用の免許です。

特殊小型船舶免許の試験・講習内容

○学科 試験・修了審査

「小型船舶操縦者の心得及び順守事項」「交通の方法」「運航」の3科目。
4者択一式の合計40問で試験時間は50分です。
合格には正解率が各科目の50%、かつ全体の約65%以上が必要です。

○実技 試験・修了審査

3人乗りの水上バイク(ジェット)を使用し、「小型船舶の取り扱い」「操縦」の2科目を行います。

○講習内容

船舶知識がまったく無い方でも安心して学べる最新の学習カリキュラムを採用しています。高合格率99%(実技)です。合格を確実するために、過去の試験問題を分析し作成した分かりやすく使いやすいオリジナル教材を使用しています。

学科講習(教習)では、必要な基礎知識の習得ができます。出題が予想される3科目を徹底的に学習します。
実技講習(教習)は、実際に水上バイク(ジェット)に乗船し、操船技術やロープワークなどを身につけます。操船未経験の方でも着実に必須項目をマスターできます。
練習した同日にそのまま受験できるので、覚え慣れた状況で試験に臨めます

※一日取得コースは合格に必要なレベルまでの重要項目、操船技術を身につけていくカリキュラムで、練習した同日に試験受講でき、覚え慣れた状況で試験に臨めます.

学科講習はございませんのでeラーニング教材等での事前学習が必要です。

2級小型船舶操縦士免許

東京湾や外房・相模湾をはじめ全国一周の航海をしてみたい!

2級小型船舶免許

海の普通免許、海への入門免許です。
この2級小型船舶操縦士免許は、航行区域として平水区域および海岸より5海里(約9Km)以内となっていますので、東京湾・外房・相模湾をはじめ全国一周の航海も可能です。総トン数20トン未満(プレジャーボートは24m未満)までは操縦することができますが、水上バイク(ジェット)を操縦することはできません。

2級小型船舶免許の試験・講習内容

学科 試験・修了審査

一般科目:「小型船舶操縦者の心得及び順守事項」「交通の方法」「運航」の3科目です。
4者択一式の合計50問で試験時間は70分です。
合格には正解率が各科目の50%以上、かつ全体の約65%以上が必要です。

○実技 試験・修了審査

試験船(5トン未満)に乗り、「小型船舶の取り扱い」「基本操縦」「応用操縦」の3科目を行います。

○講習内容

船舶知識がまったく無い方でも安心して学べる最新の学習カリキュラムを採用しています。高合格率99%(実技)です。合格を確実するために、過去の試験問題を分析し作成した分かりやすく使いやすいオリジナル教材を使用しています。
学科講習(教習)では、必要な基礎知識の習得ができます。出題が予想される3科目を徹底的に学習します。

実技講習(教習)では実際にボートに乗り「航海に必要な操船技術」やコンパスの使い方、ロープワークなどを身につけます。試験で使用する同型ボートに乗るので操船未経験の方でも安心してご受講いただけます。

※一日取得コースは合格に必要なレベルまでの重要項目、操船技術を身につけていくカリキュラムで、練習した同日に試験受講でき、覚え慣れた状況で試験に臨めます.

学科講習はございませんのでeラーニング教材等での事前学習が必要です。

1級小型船舶操縦士免許

外洋航海をしてみたい!

1級小型船舶免許

海の最上級免許です。
この1級小型船舶操縦士免許は、航行区域が、すべての水域ですので、伊豆諸島など外洋航海を目指す人におススメです。ただし、海岸から100海里を超える区域の場合は6級海技士(機関)以上の乗船が必要となります。また、2級と同じく総トン数20トン未満(プレジャーボートは24m未満)までは操縦することができますが、水上バイク(ジェット)を操縦することはできません。

1級小型船舶免許の試験・講習内容

○学科試験

一般科目「小型船舶操縦者の心得及び順守事項」「交通の方法」「運航」の3科目と上級科目「上級運航Ⅰ」「上級運航Ⅱ」の2科目、合計5科目です。
4者択一式の合計64問で試験時間は140分です。

合格には正解率が各科目の50%以上、かつ全体の約65%以上が必要です。

○実技 試験・修了審査

試験船(5トン未満)に乗り、「小型船舶の取り扱い」「基本操縦」「応用操縦」の3科目を行います。

○講習内容

船舶知識がまったく無い方でも安心して学べる最新の学習カリキュラムを採用しています。高合格率99%(実技)です。合格を確実するために、過去の試験問題を分析し作成した分かりやすく使いやすいオリジナル教材を使用しています。

学科講習(教習)では、無理なく必要な上級1級の専門知識の習得ができます。出題が予想される重要な5科目を徹底的に学習します。2級免許の内容に加え海図を取り入れたチャートワーク、計算問題、天気図、水路図誌の知識、読み方など少し専門的になります。

実技講習(教習)では実際にボートに乗り「航海に必要な操船技術」やコンパスの使い方、ロープワークなどを身につけます。試験で使用する同型ボートに乗るので操船未経験の方でも安心してご受講いただけます。